人気急上昇中のバイナリーオプションの必勝法についてご紹介していきたいと思います。

ただし、これは私が考えている必勝法であり、

確実な勝ちをお約束する方法ではありませんので、宜しくお願い致します。

バイナリーオプションの必勝法を考えるにあたり、重要な事があります。

それはバイナリーオプションの性質を見極めると言う事です。

つまりバイナリーオプションの必勝法は性質の見極め方と言っても過言ではありません。

ではその性質は一体何なのかと言うと「HIGHandLOW」です。

つまり上がるか下がるかを考えるだけであり、またスプレッドと言うDRAWがあります。

これだけなので非常に単純であり、さらにFXの知識があれば勝つことが容易になる投資なのです。

勝つための方法としてはまず、流動性がある事を確認します。

流動性が無く保ちあいになっている場合には運の要素が高くなってしまうのでオススメはしません。

さらにスプレッドの範囲内で止まってしまう確率が高い為、

負ける可能性が非常に高くなるでしょう。

バイナリーオプションの必勝法とは流動性があり、

方向感がしっかりとしている場合にエントリーする事であり、

それ以外にはありません。

バイナリーオプションの必勝法で言う方向感とはトレンドラインの確率であり、

トレンドラインがしっかりと出ていればそれでいいのです。

バイナリーオプションの必勝法は単純明快で誰にでも出来ます。

しかし、運の要素を入れてしまった段階で勝率は著しく下がってしまいますので、気を付けて下さい。

また、一方でFX投資についてです。

FX投資により生み出される利益は課税対象のため確定申告が必要ですが、年間を通して利益を出せなかったという場合はしなくても良いのです。

ですが、FX投資を継続するならば、利益が見込めなかったとしても確定申告をした方がいいでしょう。

確定申告を行った場合、損失の繰越控除ができるので、最大で3年間は、損益を通算できます。

外国為替証拠金取引投資が初めての人にとっては、受け入れ難いのが、ロスカットではないかと思いますが、であるなら、ロスカットの重要性にはそもそもどのようなことがあるのでしょうか。

まず、FX投資に慣れていない人の大多数に少なくないことは、損切りのタイミングが来ても、自分が損切りをした時点で、レートが反転するのではないかと思い、決済ができないことです。

FX取引をする際、業者が用意しているツールを使うことで移動平均線が絶対といっても、過言でないくらい示せるようになっています。

最も単調でトレンドを把握するには大事なテクニカルツールです。

慣れることで、一目均衡表などを使用したりしますが、移動平均線が基本的に誰もが見ている重要なツールになります。

FXの魅力のうちの一つは、レバレッジがというものがあります。

このレバレッジというのを文字どおり訳すと「てこ」という意味の単語で、FX業者に取引保証金(証拠金)を入れると、その金額以上の取引ができるということです。

どの程度レバレッジをかけられるかはFX業者によって違いがありますが、規制前と比べたところ、その倍率は低いものになっています。

FXのスワップインベストメントをする場合、他のどんなものよりもまず、外国為替証拠金取引業者選びが肝心です。

なぜかというと、スワップポイントというのはFX業者ごとに違いますし、ちょっとの差異でも長期で持っておく上では大きな差になってしまうからです。

また、信頼性の低くないFX業者を選ぶということも外せないポイントです。

一発での勝負ではなく利益を継続的に得られるようにFXでの立ち回りを考えると、前もってのシミュレーションは必須ですし、儲けている人の多くが実際に行っていることだと考えられます。

それには、自動取引用のソフトを使い、バックテストを行うことが最も簡単なので、早めに導入することが勝つためのポイントです。

FXなら、レバレッジをかけられるということもあって、自身の予想と逆に、動いたケースには、損切りを余儀なくされてしまう場合がかなり多いと言えます。

一気に手元のお金が無くなるということも、ありえることなのです。

ですけど、FXは株よりも利益を効率よく上げることができるとなら言えるかもしれません。

外国為替証拠金取引にあたり、投資を始める際には、FX口座をどこに作るかで、迷うこともあると思います。

FX会社選びは、儲けを左右するほど、大切です。

まず、取引にかかる料金が、低ければ低いほど儲けが大きくなると言えます。

スプレッドが狭い、取引できる通貨が多い、約定力が高い、取引できる単価が小さい、操作性が優れている等もFX会社を選定する際のポイントとなります。

FXでは逆張りと呼ばれる手法があります。

逆張りとは一定の範囲でレートが上下しているレンジ相場を得意としています。

トレンドラインを引いて上値抵抗線もしくは下値指示線に近づいたら逆張りを使用するなどトレーダーによっても手法が変わります。

それでも、トレンド相場とは相性が良くないので、注意してください。

FXの主流は、短期による取引です。

一般的に、デイトレと呼ばれています。

デイトレでいう「デイ」というのは、日本時間の0時から24時とは違い、ニューヨークでいう時間になります。

要は、世界の金融は、ニューヨークを中心として動いているというわけなのです。

短期トレードは価格が急変する危険性が低くなりますが、その分、利益を大きく得るのも難しくなります。

FX初心者は知識も経験も乏しいので、負けがちです。

FX初心者の負けないための心得は、損切りのポイントを設定することが重要です。

また、1度の取引ではなく、トータルの損益を考えるべきです。

取引で9回勝っても、1回の大損失でマイナスという場合もあります。

FXの1つの魅力である少ないお金から初められる理由は、レバレッジを使うことができるからです。

FXではFXを取り扱っている業者に入金し、それを証拠にすることによって、その金額の倍以上の金額で売り買いを行えます。

簡単に言うと、少量の金額で大きな可能性につながるチャンスができるというわけです。

これがいわばレバレッジの法則です。

FXには、様々なFX会社があります。

中でも比較的ポピュラーな会社が、くりっく365という会社です。

くりっく365の特徴となるポイントは、株の際と同様に、売買する度に、毎回20%の税金を徴収されるということです。

勿論、マイナスになった際には、税金を徴収されるということはないです。

FXではスワップポイントという呼び名による金利と同一のようなものを日々受け取りができます。

この金利を日本のものと比べるとはるかに高いため、スワップポイント目当てにFX投資を行う場合も少ないとは言えません。

FXは危険があるということを理解しておけば、手軽な外貨投資法です。

自身の投資スタイルが確立していて、本業と同程度のリターンを得られる自信があり、不安にならないくらいの資産があればFXのプロとなってもいいでしょう。

ただし、辞職すると再就職が相当難しくなることだけは覚悟の上でお願いします。

関連ページ